2018/03/25 11:00

闇を抱えてた『セーラームーン』女優が、アイドルの振付師になるまで

©鈴木七絵/文藝春秋
©鈴木七絵/文藝春秋

HKT48、PASSPO☆、日村勇紀、藤井隆……。アイドルから、お笑い芸人までを担う振付師・竹中夏海さん。ミュージカル『セーラームーン』女優から現在に至るまでの経歴は、一人の少女がテレビと一緒に大人になる物語でした。てれびのスキマさんが伺います。(全3回  #2 、 #3 に続く)

闇を抱えてた「セラミュ」女優時代

―― このインタビューシリーズはテレビ好きの方に「テレビの履歴書」を伺うものなんですけど……。

竹中 なんで私がテレビっ子だって分かったんですか? 

―― 竹中さんのツイッターを読んでいると、「あ、テレビっ子に間違いない」と。このまえも「『はやく起きた朝は…』はまじで和製SATC」ってつぶやいてましたね(SATC=「セックス・アンド・ザ・シティ」)。

竹中 それでか! バレたかーっと思って、インタビュー楽しみにしてました(笑)。

―― 今日は竹中さんが子役時代に出演されたミュージカル『美少女戦士セーラームーンSupers 夢戦士・愛・永遠に』(1995年)のパンフレットを持ってきました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >