2018/03/27 17:00

母子相姦を自然に美しく演じる岩下、狂気の慈愛!――春日太一の木曜邦画劇場

1985年作品(111分)/東映/2800円(税抜)/レンタルあり
1985年作品(111分)/東映/2800円(税抜)/レンタルあり

 岩下志麻の女優人生をできるだけあますことなくインタビューさせていただくべく、改めてその出演作品を数多く観直してきた。その中で気づいたことがある。それは、岩下には「狂気」がよく似合うということだ。『五瓣の椿』『桜の森の満開の下』『卑弥呼』『心中天網島』『内海の輪』『鬼畜』『悪霊島』――、演じる役柄が常軌を逸していけば逸していくほど、放たれる輝きは妖しいまでに増す。

 そして、実際にお話をうかがっていきながら知ったのは、そうした「狂気」に憑かれた人間たちを岩下は「異常な心理に陥った特別な存在」として捉えているのではなく、「ある状況下に置かれれば誰しもがそうなるであろう、必然的な帰結」と捉えて演じていることだ。そのため、本来なら感情移入もしようのないほどに振り切れた状態を演じているにもかかわらず、その芝居からは切なさや哀しさといった感情が伝わってきて、「たしかにこの流れならこうなるだろうな」と納得させられる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >