2018/04/04 07:00

欅坂46の戦略はオタクとヤンキーの共存か?――近田春夫の考えるヒット

絵=安斎肇
絵=安斎肇

『ガラスを割れ!』(欅坂46)/『ジャーバージャ』(AKB48)

 いわゆる末席を汚すという形ではありますが、このわたくし一応音楽商売で飯を食(は)んでおります。関係上、俗にいうところの“大所帯女性アイドル産業”が、ここからどのような推移を見せて行くのかについて、んなこたァ俺にゃ全くどーでもいい、関係ねーなどと調子づいていったりしたら「いくらなんでもあーた、そりゃぁ偉そうが少し過ぎるのでは?」etc.……へたすりゃあ糾弾もされかねぬ。

 なので、忖度もとい勉強の意味も兼ねて、今週の取り組みは、AKBになんとか坂、ということと相成りましたが、あ! 欅って漢字は、けやきって読むんだったのよね。頼む! 秋元、次から難しい字にはルビ振ってくれぇ(笑)。

 そんなこんなで、48及び46の新作を遠く眺めているばかりの私ではあったが、ふたつ曲を聴き比べ、強く感じたことがあった。ざっくばらんに申せば、プロデュースサイド的には益々“二項対立”に煽りを入れているなァと。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

エネルギッシュに行動するけど、無理をしすぎる傾向も。何事も...もっと見る >