2018/04/14 11:00

50歳になった小沢健二はどこへ向かうのか

1995年の小沢健二
1995年の小沢健二

 ミュージシャンの小沢健二は、きょう4月14日、50歳の誕生日を迎えた。1998年にニューヨークに移住して以来、メディアにほとんど登場しない時期が続いていた小沢だが、昨年(2017年)2月、19年ぶりにCDシングル「流動体について」をリリースし、本格的に活動を再開した。このあと、夏にはフジロックフェスティバルに出演、さらに9月にはSEKAI NO OWARIとのコラボシングル「フクロウの声が聞こえる」と、絵童話『アイスクリームが溶けてしまう前に(家族のハロウィーンのための連作)』(「小沢健二と日米恐怖学会」名義、福音館書店)を発表。今年に入ってからも、2月に『ミュージックステーション』(テレビ朝日)で、女優の満島ひかりと往年のヒット曲「ラブリー」をデュエットしたことは記憶に新しい。

 とはいえ、日本を離れ、表立った活動がほとんどなくなっていた約20年間の「空白期」は、実際にはかなり濃密なものであったようだ。映画・音楽ジャーナリストの宇野維正が昨年著した『小沢健二の帰還』(岩波書店)の記述にしたがえば、小沢はこの間、ニューヨークやマイアミの名門スタジオに現地の腕利きのミュージシャンを集めて、ブラック・ミュージックに接近した作品やインストゥルメンタル作品を手がけたかと思えば、中南米の民衆たちの姿を収めた旅日記のような長編映画『おばさんたちが案内する未来の世界 Old Ladies' Guide to the Future』の上映会を日本各地で開いたりもした。また、2005年からは雑誌『子どもと昔話』で「うさぎ!」と題する童話を連載するなど、文才も発揮する一方、2010年の13年ぶりの全国ツアー以来、ここ数年はライブも繰り返し行なっている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

友達とのオシャベリが楽しい。お勧めのショップや面白いTVな...もっと見る >