2018/04/29 11:00

松尾諭「拾われた男」 #14 「滋賀の田んぼのマンションで、父の壁紙に絶句した日」

松尾諭さん、舞台出演中です! KAAT神奈川芸術劇場×世田谷パブリックシアター「バリーターク」/神奈川公演:KAAT神奈川芸術劇場<大スタジオ> 上演中~5月6日(日)、その後東京公演、兵庫公演あり 撮影:細野晋司
松尾諭さん、舞台出演中です! KAAT神奈川芸術劇場×世田谷パブリックシアター「バリーターク」/神奈川公演:KAAT神奈川芸術劇場<大スタジオ> 上演中~5月6日(日)、その後東京公演、兵庫公演あり 撮影:細野晋司

 生まれ育った家はさして広くもない長屋のような平屋で、物心ついた頃から兄と同じ部屋だった。中学になって、団地に引っ越すことになり、念願の一人部屋かと思いきや、増えた部屋は納戸だけで、高校に入っても兄と同じ部屋、同じ二段ベッドだった。高校2年になって、兄の圧政に耐えきれず、3畳の納戸に机と洋服ダンスと布団を持ち込んで、そこを自分の部屋とした。窓もなく、空調もないので、夏は暑く、冬は寒かったが、初めて自分だけの空間を持てたことが嬉しかった。でもやっぱり狭く居心地が良いとは決して言えなかったので、大学に入ったらすぐにでも家を出ていってやると決意した。

「そうか、わかった。もう帰ってこんでええ」

 高校時代は留年をギリギリ免れるといった成績で3年間を過ごしたものだから、大学受験は関西の私大の名門四校、関関同立を狙うと言うと、母はとても驚いた。なので、もし合格したら一人暮らしをしていいかと聞くと、受かるわけがないと言いたげな顔で「ええよ」と答えた。結局一浪はしたものの、なんとか関関の関の一つに合格した。合格通知とともに、早速一人暮らしの件を母に切り出した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おおらかな気持ちで楽しく過ごせそう。アフター5はグルメマッ...もっと見る >