2018/05/05 11:00

「グラゼニ」声優・落合福嗣くんが明かす、父から学んだ大切なこと

かつては“悪ガキキャラ”だった福嗣クンも30歳に
かつては“悪ガキキャラ”だった福嗣クンも30歳に

「グラウンドにはゼニが落ちている」――。

 南海ホークスの名将・鶴岡一人の名言にちなみ、プロ野球の世界を「カネ」の観点から描いた人気漫画『グラゼニ』(「週刊モーニング」連載中)。4月からBSスカパーで放送されているアニメ版で、主人公の投手・凡田夏之介役を務めているのは、元プロ野球選手・落合博満氏の長男で、声優の福嗣(ふくし)クン(30)だ。

◆ ◆ ◆

 そもそも福嗣クンは、なぜ声優になったのか。本人が、そのきっかけを語る。

「父が中日にいた頃、家族で映画『ターミネーター』の吹替版をビデオで観たんです。当時ぼくは3歳ぐらいで、アーノルド・シュワルツェネッガーが日本語を喋っているのを聞いて『何て日本語が上手なんだ』って驚いたんです」

 疑問に思った福嗣クンが博満氏に質問をすると、「声優という仕事があるんだ。お前の好きなじゃじゃまる、ぴっころ、ぽろり(NHKで放映されていた『にこにこ、ぷん』のキャラクター)も実は、人間が声を当てているんだ。ターミネーターもそうだ」と教えてくれたのだという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

臆病になってチャンスを逃すかも。先々のことを決めて行動する...もっと見る >