2018/05/15 17:00

「思い出」の楽園に浸る過去退行の大人達に共感!――春日太一の木曜邦画劇場

2001年作品(90分)/バンダイビジュアル/1800円(税抜)/レンタルあり
2001年作品(90分)/バンダイビジュアル/1800円(税抜)/レンタルあり

 かつて、横浜ベイスターズという野球チームがあった。

 一九九八年に日本一になるも間もなくチームが崩壊して低迷、二十一世紀に入り十五年間で十度の圧倒的な最下位を経験した。とにかく弱かった。観客は少なく、たまに現れたスター選手には捨てゼリフと共にチームを去られ、相手の監督に侮蔑の言葉を吐きかけられた。惨めだったし、シーズンが始まるのが苦行に思えた。が、なぜだかそんなチームがずっと好きだった。

 近年、親会社がDeNAに代わり、球団改革が進んだ。横浜スタジアムのチケットが取れないほどの人気になり、上位に進出することも珍しくなくなった。「これが見たかった風景ですよね」と声をかけられることも増えた。そんな時、筆者の心は空しくなる。

 今のチームに全く心が動かないのだ。これが「見たかった風景」なのか。否。気づけば、「あの頃」のことばかり話している。つらくて苦しくて歯がゆくて絶望しかなかった時代、でもそんな中でほんの小さな輝きを無理やりにでも見つけること――今思うと、筆者には愛しくてたまらない時代だった。だから、何もかもが「普通」に揃っている現状に愛着が持てないのだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >