2018/05/13 17:00

20年目の情熱大陸「ハタチの天才4部作」は“情熱あるある”を超えていたか?

4月8日放送 「新体操選手 皆川夏穂」
4月8日放送 「新体操選手 皆川夏穂」

「情熱大陸」がもう20年か…

「あんな番組を作りたい」とフジテレビを辞めたのが1999年の夏。私は30歳になる直前だった。フリーのディレクターとして、運良く番組に参加できることになったのがその年の暮れ。私は当時の「情熱大陸」のスタッフの中で、最も若いディレクターの一人だった。

ドキュメンタリーで若い被写体を撮ることは難しい

 それが今では、ほぼ最古参になってしまった。長く番組に携わってきた作り手の立場から見たこの番組の魅力は、演出の自由度の高さだ。フォーマット(決まり事)は、葉加瀬太郎さんの音楽と、ナレーターが窪田等さんであることぐらいで、取材や編集の方法論は、基本的に現場のディレクターに委ねられる。それだけに、番組が面白くなるかどうかは、被写体の魅力と、それを伝えるディレクターの取材力・表現力が極めて重要だ。

 この4月、番組は「20周年記念4週連続シリーズ ハタチの情熱」と銘打ち、20歳の4人の若者を取材した。この4本を、ディレクター目線で評したい。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >