2018/06/09 17:00

“観察する監督”想田和弘「マイケル・ムーア的なものは、もううまくいかないんじゃないか」

(C)2018 Regents of the University of Michigan
(C)2018 Regents of the University of Michigan

台本なし、ナレーションなし、音楽なし。カメラが捉える映像のみを提示する「観察映画」の方法で独特のドキュメンタリー作品を発表し続ける想田和弘監督。アメリカ最大のアメリカンフットボール・スタジアム“ザ・ビッグハウス”を観察対象にした、その新作の企みをインタビューしました。

10万人以上の観客収容数を誇る全米最大のスタジアムに密着

――想田さんはアメリカにお住まいなんですよね?

想田 93年からですから、もう25年になりますね。

――アメリカを舞台にした作品は最新作『ザ・ビッグハウス』が初めてになるそうですが、大学アメフトの聖地を撮るきっかけは何だったのでしょうか?

想田 このスタジアムはミシガン大学のアメフトチーム「ミシガン・ウルヴァリンズ」の本拠地なんですが、ミシガン大学のマーク・ノーネス教授から「ビッグハウスの観察映画を学生と一緒に撮る授業をするから、来ないか」と誘われたんです。90年以上の歴史を持ち、10万人以上の観客収容数を誇る全米最大のスタジアムですから、ここに集う人、起きていることをじっと観察すれば面白い映画になるだろう。そう考えて参加しました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

焦らずのんびりいこう。プライベートの充実に力をいれると吉。...もっと見る >