2018/06/10 11:00

『ワンダー 君は太陽』――桜庭一樹のシネマ桜吹雪

Motion Picture Artwork © 2018 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.
Motion Picture Artwork © 2018 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

 わたしは、じつは“正論モンスター”という二つ名を持っている。

 そりゃまぁそうだが、いまそんなこと言っても仕方ないような正論を、やたら言ってくる人が、あなたの周りにいませんか? わたしもそのタイプなんです。なんか、いつも、すみません……。

 だから、この映画を観てよかったと心から思った。“正しいことより大切なもの”を描くヒューマンドラマだったからだ。

 舞台は現代のNY。主人公は十歳の少年オギー。頭脳明晰でユーモアあふれる子だが、遺伝子の疾患のせいで顔が崩れている。裕福な両親のもとで長らく自宅学習してきたが、このたび一般の小学校に編入することとなった。

 新生活は波乱の連続だ。お金持ちのいじめっ子に嫌がらせされたり、奨学金で入学した苦学生と親友になれたり。

 そんな中、ある日、校長先生がいじめっ子のママを呼びだした。彼女はこう反論する。

「うちの息子は悪くありません。だって、不幸な人すべてに尽くせると思うの? そんなの非現実的な教育だわ」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >