2018/06/17 11:00

『ブリグズビー・ベア』――桜庭一樹のシネマ桜吹雪

© 2017 Sony Pictures Classics. All Rights Reserved.
© 2017 Sony Pictures Classics. All Rights Reserved.

 わたしは今年の三月、香港に向かう飛行機内で、何も知らずにこの映画を観始めて、最初の十分で「エーッ、何が起こってるの?」「うっそー!」と叫びそうになりました。

 舞台は毒ガスが充満する近未来(?)のアメリカ。二五歳の青年ジェームスは、砂漠の真ん中に建てられたシェルターで、両親と三人暮らししている。彼の生きがいは、子供のころから、週に一回届くVHSテープ。クマの着ぐるみが主人公の特撮番組『ブリグズビー・ベア』だ。

 これが、強烈に昔風のヘタウマ・カルト番組! 近未来のサブカルチャーはどうなってるんだ、と不安になりつつ観ていると、おや、シェルターにパトカーがきた。なんと、両親は両親ではなく、誘拐犯だったのだ! 本物の家族は息子を探し続けていた。毒ガスもうそ。特撮番組も、偽の父親が子供のために自主制作していたもので……って、それであんなにヘタだったのか!?

 本物の両親は息子と再会できて大喜びし、誘拐犯のことはもう忘れて、充実した人生を送ってほしい、と願う。でもジェームスは『ブリグズビー・ベア』を忘れることができない。だって、ずっと一緒に生きてきた分身だから……。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >