2018/06/19 17:00

役所広司がヤク中男に 異常な役の彼は最高だ!――春日太一の木曜邦画劇場

1996年作品(164分)/角川書店/3800円(税抜)/レンタルあり
1996年作品(164分)/角川書店/3800円(税抜)/レンタルあり

 ここのところはテレビでのCMやドラマでほのぼのした印象が強くなっていた役所広司だが、新作主演映画『孤狼の血』を観て改めて思ったのは「この人は常軌を逸した役柄を演じる時が最も輝く」ということだ。出世作となった八三年の大河ドラマ『徳川家康』での織田信長役からしてそうだったが、目に狂気をほとばしらせながら周囲の目を気にすることなく常識外の行動に邁進していく――そういう役の時の役所は本当に怖い。

 今回取り上げる『シャブ極道』はそんな役所の魅力を全編にわたり堪能できる作品だ。

 役所が演じるのはタイトル通りの役柄。つまり、シャブに溺れきった極道である。

 一六〇分超という上映時間はこの手の映画にしては明らかに長く、演出のテンポも決してスムーズではない。だが、それらを補って余りあるほど役所の芝居が魅力的なため、冗長さを感じることなく作品世界に引き込まれていく。

 役所が演じるのは大阪の弱小組織・巌竜組に属するヤクザ・真壁。この男、いつもシャブでギンギンにキマっているだけに、言動のことごとくが尋常でなく、凄まじい。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >