2018/06/29 07:00

笑えて泣ける、「クレヨンしんちゃん」26年分の名言を振り返る

アクション仮面パンツはしんちゃんのお気に入り (c)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK
アクション仮面パンツはしんちゃんのお気に入り (c)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK

 人気アニメ『クレヨンしんちゃん』で主人公・野原しんのすけ役を26年3カ月にわたって演じてきていた矢島晶子さんが、6月29日の放送分をもって降板する。

 放送が開始されたのは1992年4月13日。第1話の視聴率はわずか4.0%だったが、母親の名前を呼び捨てにしたり、おちんちんにゾウの落書きをしたりするなど、“嵐を呼ぶ5歳児”しんのすけのおバカでお下品な言動が子どもたちの喝采を集め、社会現象とも言える大ブームを巻き起こす。PTAはカンカンだったが、街はしんのすけのモノマネをする子どもたちであふれかえり、93年7月には最高視聴率28.2%を記録。しんのすけはその年のNHK紅白歌合戦にまで登場した。

 また、93年から始まった劇場版は現在まで26作公開されているが、原恵一監督『嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』(01年)、髙橋渉監督『ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』(14年)をはじめとする佳作揃いで大人のファンも多い。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >