2018/07/08 11:00

『生きのびるために』――桜庭一樹のシネマ桜吹雪

 一人暮らしの家や、若いご夫婦の家にお邪魔して、お食事をご馳走になるときは、リラックスできるけれど、これが誰かの実家となると、途端に、妙に緊張してしまう。

 きっと“家族の食卓には死者がいる”からなんだと思っている。どこの家にも、親や兄弟や……時にはもっと若い死者がいて、亡くなってからも、家族と一緒に食卓を囲んでいる。そこにお邪魔しているからこそ、この世から一歩踏みだしてしまったような不思議な感覚に襲われるんだろうなぁ、と。

 さて、この作品は、二〇〇一年のアフガニスタンを舞台にした社会派アニメーション映画だ。タリバン政権下、自由を奪われた十一歳の少女パヴァーナが必死で生き抜く姿を描いている。

 家族は、戦争で片足をなくした元教師の父、母、姉、幼い弟。兄もいたが、昔亡くなっている。女性は顔と髪を隠さねばならず、女性だけで外出することも、読み書きすることも禁じられた世界――。父は、学校で習ったことを忘れちゃったと嘆くパヴァーナに、こう諭す。「忘れたくないことは物語にしなさい。物語は心にずーっと残るからね」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >