2018/08/28 17:00

家事に育児……心が折れてしまったあなたへ 「タリーと私の秘密の時間」を採点!

© 2017 TULLY PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
© 2017 TULLY PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

〈あらすじ〉

主婦のマーロ(シャーリーズ・セロン)は、3人目の子供を出産すると、家事と育児に疲れ果て、兄から出産祝いに贈られた「夜専門のベビーシッター」に藁にもすがる思いで電話をかける。現れたタリー(マッケンジー・デイヴィス)と名乗る若い女性は、自由奔放だが仕事は完璧で、人に頼ることが苦手なマーロも、「私を頼って」と言うタリーにだけは、悩みや本音を吐き出すことができた。タリーとの絆が深まるにつれて、マーロは次第に昔の輝きを取り戻していくが、タリーの素性は謎のままだった。ある夜、2人は家を抜け出して、マーロが独身時代を過ごしたブルックリンへ飲みに行く。そして、タリーはマーロにある決意を告げる。

〈解説〉

『ヤング≒アダルト』のジェイソン・ライトマン監督が、同作の脚本家と主演女優と再び組んで、女性が再生する姿を描く。95分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★☆☆女同士の連帯、キュートな雑貨、懐メロなどはともかく、贔屓の美人女優の緩んだ体を見せつけられて、途方に暮れた。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★☆☆感性と技術を慎重に働かせているが、ファンタジー的なむず痒さもつきまとう。図式を外した先にもうひとつの図式が。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★★☆仕事と育児を頑張っている女性がこれを見たら、きっと涙が込み上げるだろう。切実に心に沁みる秘密の時間だから。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★★☆現われた美女は夜間のメリー・ポピンズ!? 子育て世代のリアリズムに共感の目とささやかな提言を添えた優しい寓話。

  • 洞口依子(女優)

    ★★★★☆一見フェミニズムな話だが、若き良き時代の自分との決別或いは共存を教えてくれる仕掛けが絶妙。女優陣、音楽に☆。

INFORMATION

『タリーと私の秘密の時間』(米)
TOHOシネマズ シャンテほか全国順次公開中
監督:ジェイソン・ライトマン
出演:シャーリーズ・セロン、マッケンジー・デイヴィス、マーク・デュプラス、ロン・リヴィングストン ほか
http://tully.jp/

(「週刊文春」編集部)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >