2018/09/11 17:00

絶望を引きずり彷徨する男の物語に心落ち着く!――春日太一の木曜邦画劇場

1986年作品(60分)/角川映画/3300円(税抜)/レンタルあり
1986年作品(60分)/角川映画/3300円(税抜)/レンタルあり

 ブルータス、お前もか!

 古代ローマの独裁者・カエサルは、自らに襲いかかる暗殺者たちの中に信じていた友の姿を見つけた際、そう叫んだと言われている。

 ただ、これまで生きてきて思ったのは、ブルータスは何人もいる――ということだ。今年だけでも既に二名のブルータスがいた。だいぶ慣れてきたのでさほど落ち込むことはなくなったが、それでも気持ちはモヤモヤする。そんな時は必ず、気分転換に手塚治虫の漫画『火の鳥』を読む。

 永遠の命を宿しているといわれる「火の鳥」は古代から遠い未来まで何千年にわたり、欲望や嫉妬や保身のために破滅していく人間たちの姿を見届けてきた。編を分けながら時空を超えて描かれる物語は、全てが悲劇。人間たちの醜い争いが、愛や優しさを容赦なく無惨に踏みにじっていく。

 そしてこちらは、繰り返される絶望に触れているうちに「人間ってそんなもんだよな」と納得できて、ささくれた心が落ち着いてくるのだ。

 そこで今回はシリーズの中の一編を原作にしたアニメ映画『火の鳥 鳳凰編』を取り上げる。二本立ての一本だったため、上映時間は六十分と短い。それだけに原作とはまた異なる印象の作品となった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >