2018/09/18 17:00

手塚作品の実写化は至難 若山“猿田彦”はお見事!――春日太一の木曜邦画劇場

1978年作品(137分)/東宝/Amazon Primeで配信
1978年作品(137分)/東宝/Amazon Primeで配信

 手塚治虫の漫画を映像化した作品は――こと実写の場合に顕著なのだが、あまり成功しているとは言い難い。

 多くの場合は、手塚の描いた壮大、あるいは深遠なテーマに作り手が囚われ過ぎて、手塚漫画の肝心な魅力をそぎ落としてしまっているからに他ならない。その魅力とは、一つにはあの絵特有の可愛らしさ。一つには漫画の特性を存分に活かした奔放なコマの使い方。一つには時おり挟まれるナンセンスともいえるギャグ。こうしたユーモラスさが躍動感をもって描かれていることで、いかにテーマが重苦しいものであっても、手塚作品には独特の軽妙で潤いと温かみのあるワクワク感が生まれ、読者を魅了してきた。

 が、いざ映像化作品となるとその部分がないため、ただ深刻なだけだったり、説教臭かったり――とやたら重々しい作りになってしまいがちなのだ。

 今回取り上げる実写版『火の鳥』もまた、残念ながらそんな一本になってしまった。

 原作となるのは、弥生時代を描いたシリーズ初期作品『火の鳥 黎明編』。本作を撮った市川崑監督は、アニメーター時代には手塚的な可愛げある作風の画を得意としていた。実写に転向してからも重いテーマの作品でも軽妙にユーモアを盛り込む演出をしてきた。そんな男が自ら待望した企画――にもかかわらず、やはり「手塚の壁」を突き破ることはできなかった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >