2018/10/07 11:00

『世界で一番ゴッホを描いた男』――桜庭一樹のシネマ桜吹雪

© Century Image Media (China)
© Century Image Media (China)

 先日パリに行って、作家ヘミングウェイの行きつけだったモンパルナスのカフェに入り、「ム、ムシュー、ウェア イズ ヘミングウェイテーブル?」と聞いて、教えてもらい、あぁ、あの席でヘミングウェイがバーボンを飲んでたんだぁと眺めていたら、ポロポロ涙が流れて、そんな自分にびっくり、ということがあった。「別にそこまでヘミングウェイ好きじゃないのに、どうしてこんなに感動してるの!? ウー!」

 さ、さて。この作品は、中国に暮らす名画の複製画家たちの生活に迫る、美術ドキュメンタリー映画だ。

 深圳(シンセン)市大芬(ダーフェン)は、世界最大の複製画制作の街。趙(チャオ)さんはその街の工房に籠り、もう二十年もゴッホの複製画を描き続けている。でも、一度も、本物の絵を見たことがない……。そこでお金を貯め、オランダのゴッホ美術館に行くことに。

 美術館で本物を目の前にし、写真で見ていたものとは全く違うと気づいたり。自分の複製画が、立派な画廊じゃなく、屋台の土産物屋で売られていることを知って悲しんだり。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >