2018/10/14 11:00

『ヴァンサンへの手紙』――桜庭一樹のシネマ桜吹雪

©2015 Kaléo Films, Le Miroir
©2015 Kaléo Films, Le Miroir

 子供のころ、場面緘黙(かんもく)症という症状で、しゃべれなかった。しゃべれないから、黙っていた。幸い、伝えたいこともなく、とくに困らなかった。

 さいきん、海外を一人旅した。カタカナ英語と顔芸とパントマイムを使って、ホテルで「カードキーが壊れててドアが開かない!」、駅で「ヴェルサイユ行きに乗りたい!」などと伝えているとき、ふと、子供のころはしゃべれなかったことを思いだして、笑ってしまった。

 言語が異なる場合、目を見ないと伝わらないことも、覚えた。

 さて、この映画は、フランスのろう者コミュニティについての、社会派ドキュメンタリー映画だ。

 監督の親友ヴァンサンはろう者。十年前に自殺してしまった。その原因を探りながらカメラを回すうち、監督は“手話教育の必要性”という切実な問題に辿り着く。

 わたしは、音が聴こえないと、外出したとき危険が多いのかなとまず考えてしまったけど、それより、言語を奪われることが残酷なのだとわかった。人間は、言語によって自己のアイデンティティーを確立し、他者と深いコミュニケーションを取るからだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >