2018/11/04 11:00

『マダムのおかしな晩餐会』――桜庭一樹のシネマ桜吹雪

© 2016 / LGM CINEMA-STUDIOCANAL-PM-Tous Droits Reserves
© 2016 / LGM CINEMA-STUDIOCANAL-PM-Tous Droits Reserves

 小説の依頼で、「王子様と結ばれてハッピーエンドではないものにしてほしい」とお願いされたことがあった。そう言われて、改めて考えてみると、「確かに、最近そういうストーリーをほとんど見ないですね」「ですよね」という話になった。

 たとえば『アナと雪の女王』では、「Let It Go(ありのままで)」と、『グレイテスト・ショーマン』では「This Is Me(これがわたし)」と、高らかに歌いあげている。どちらも、王子様じゃなく、自分自身と出会い、認めることがテーマ。痛みと苦味を伴う、現代的なハッピーエンドだった。

 さて、この映画は、笑いと苦味と痛み、そして爽快感のある、大人のヒューマンコメディだ。

 舞台は現代のパリ。高級住宅街に越してきた裕福なアメリカ人夫婦が、張り切って晩餐会を開く。ところが、手違いで、人数が不吉な13人になっちゃった! じゃ、いっそ1人増やしちまえと、いやがるメイドのマリア(スペイン移民)にドレスを着せ、むりやりテーブルにつかせる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

周囲のノリから浮いてしまいそう。きつい一言でムードをこわさ...もっと見る >