2018/11/06 11:00

82歳になったロバート・レッドフォードが語る「引退」と「二極化するアメリカ」――文藝春秋特選記事

ロバート・レッドフォード
ロバート・レッドフォード

文藝春秋11月号の特選記事を公開します。(初公開 2018年10月27日)

「2年前、80歳になった時にもう俳優をやめようと思ったんだが、そうすると最後の作品がジェーン・フォンダとの共演作『夜が明けるまで』(2017)になってしまうことに気がついてね。

 ジェーンとの共演は良かったんだけど、高齢者の深刻な恋愛ドラマが僕の『スワン・ソング』(最終公演)になるのはあまりに寂しすぎると思ったんだ。それで次の作品を待ってみようとした矢先に、この『ジ・オールドマン・アンド・ザ・ガン』(9月末から全米公開)のオファーが来たんだ」

 ロバート・レッドフォード(82)が「俳優引退」を宣言した。

 アメリカン・ニューシネマの傑作『明日に向って撃て!』(1969)でブレークし、ハリウッド屈指の二枚目俳優として活躍。『追憶』(1973)、『華麗なるギャツビー』(1974)、『愛と哀しみの果て』(1985)など、多くの名画に出演した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >