2018/11/13 17:00

表情変えず、声荒らげず 「岸部芝居」本作で確立!――春日太一の木曜邦画劇場

1990年作品(115分)/松竹/VHS/レンタルあり/Amazonプライムで配信中
1990年作品(115分)/松竹/VHS/レンタルあり/Amazonプライムで配信中

 十一月十六日に公開される映画『鈴木家の嘘』で、岸部一徳は主人公である鈴木家の父を演じている。脚本段階から岸部を想定して書かれていたということで、「らしさ」を堪能できる内容になっていた。

 大きく表情を変化させたり、激しく動いたり、声を張り上げたりすることは決してないのに、ただそこにたたずんでいるだけで感情がキチンと伝わる――、そんな岸部ならではの芝居が全編を通して貫かれており、それを観ているだけで大きな起伏のある物語ではないにもかかわらず、二時間以上の上映時間はあっという間に過ぎていった。

 今回取り上げる『死の棘(とげ)』は、そうした「岸部芝居」を確立した作品である。

 ザ・タイガースのベーシストとして一世を風靡した後、役者としてゼロから再出発してチョイ役からキャリアを積み重ねて約十五年。岸部は本作によって、ようやく役者という仕事に手応えを感じることができたという。実際、それだけの演技を見せている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >