2018/11/15 17:30

村上虹郎が語る「リリー・フランキーさんの怖さと僕の愚かさ」

村上虹郎さん © 吉本興業
村上虹郎さん © 吉本興業

〈村上虹郎とリリー・フランキーは、なるべく野放しにしてほしい――〉映画『銃』の製作にあたり、奥山和由プロデューサーは、武正晴監督にそう持ちかけたという。

 原作は中村文則の同名小説。物語は、村上虹郎演じる主人公の大学生トオルが、ある雨の夜に河原で拾った銃を部屋に持ち帰ったことから始まる。

「どうりで監督が細かい演出をしないなと思ったんです(笑)。映画って、監督が考えるとおりに作って成功する作品と、技術を持った人たちが、現場で生まれる予想外のものを撮りながら成功させる作品とがありますよね。奥山さんや武監督が今回求めたのは後者。僕やリリーさんに役を委ねることで、この作品を単なる小説の実写映画ではないものにされたんだと思います」

 日ごと銃に魅入られてゆくトオル。その彼の前に突如現れるのが、刑事であるリリー・フランキーだ。

「リリーさんは、セリフを声に出さずに黙読で摂り込んで、現場で一気に“吐き出して”きました。その姿はどこか不気味で気持ち悪くて、怖さをも帯びた刑事になっていた」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >