2018/11/21 17:00

岸部一徳の純情な夫が愛憎地獄を際立たせた!――春日太一の木曜邦画劇場

1992年作品(113分)/VHS/レンタルあり/フジテレビオンデマンドでも配信中
1992年作品(113分)/VHS/レンタルあり/フジテレビオンデマンドでも配信中

 以前、期せずして映画『白と黒』を二度も取り上げてしまったことがある。その際、編集部からは「切り口が異なっていれば同じ作品を取り上げても構わない」という方針をいただくことができた。

 そこで今回はその第一弾として、『女殺油地獄(おんなごろしあぶらのじごく)』を二〇一六年九月以来、再び取り上げてみることにする。

 前回取り上げた際は、油問屋のボンボン・与兵衛(堤真一)と彼を誘惑する魔性の女・小菊(藤谷美和子)、そして夫と子供がある身でありながら小菊への嫉妬と対抗心を契機に与兵衛との不義密通へと溺れていく年増女・お吉(樋口可南子)の三者の濃厚な愛憎と、病魔に侵されながら描き切った五社英雄の執念――という切り口で原稿を書いた。

 が、最近になって気づいたことがある。それは「三者の濃厚な愛憎関係」という視点について。よく考えてみると、お吉には夫がいるではないか。となれば、「四者の愛憎関係」として捉えなければならないはず。映画を何度も観ているにもかかわらず、そのことに全く気づかないでいたのだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱいで過ごせるラッキーデー。積極的にいこう。今日始...もっと見る >