2018/12/05 11:00

ドリカム「まんぷく」主題歌に思う“強い女”の哀愁――近田春夫の考えるヒット

絵=安斎肇
絵=安斎肇

『あなたとトゥラッタッタ♪』(DREAMS COME TRUE)/『話がしたいよ』(BUMP OF CHICKEN)

 DREAMS COME TRUE26年ぶりの“NHK朝の連続テレビ小説主題歌”、という案内に好奇心も手伝って楽曲をとりよせてもらうと、とりあえず色々と思うところはあった。のだが、何をどう思っているのかがなかなか上手く伝えられずにいる。それがちと歯痒くもある俺だ。

 要するに『晴れたらいいね』を思い出してはしみじみと湧き上がってくる、一種“時の経つことの速さ”への感傷に他ならないのだろうが、この連載の始まる更に5年も前の話というのだから“jpop”なるいい回しもまだ今ほどに一般的ではなかったろうし、ドリカムも三人編成だった訳である。あれから幾星霜。彼等の一体何が変わりそして変わらなかったものは何なのか? 今回新曲を聴いた限り、いわゆる“サウンド志向”のような意味でのこだわり――たとえばビートに関してであるとか――は、かつてほどではなくなっているようにも感じられた。もっともそれは主題歌という性質上、オーダーとの関係もあるので一概に断定出来るものではないが……。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱいで過ごせるラッキーデー。積極的にいこう。今日始...もっと見る >