2018/12/12 11:00

歌いこなしてみたくなる「あいみょん」の“挑戦的”な曲――近田春夫の考えるヒット

絵=安斎 肇
絵=安斎 肇

『今夜このまま』(あいみょん)/『オールドファッション』(back number)

 流行歌の傾向を考えるとき、社会や時代の影響/反映は無視できないものであろうが、我が国で曲がヒットする場合に限り、普遍的(不変的)とでも申そうか、世の流れなどとは一切無関係な、絶対の条件の存在は認めざるを得ないのではないか? というのがずーっと持論であった俺にも、とうとう自説を撤回せねばならぬ日は来てしまったのか!?

 そんな気配を実感し出したのが先般、自身38年ぶりのソロアルバム『超冗談だから』吹き込み最中のことであった。

 というのも実は今回のレコーディング、メロディの大半を今jpop界で売れっ子の、若手(だと思う)職業作家の面々にお願いしていたわけなのだが、結果手元に届けられた旋律群には、ひとつの共通する特徴があるのに気付いた。どれもパッと聴いただけではなかなか覚えられない(笑)。

 勿論、書き下ろしの故初めて接する曲ばかりで馴染みがなかったということもあったろう。が、それだけではない。ひとつのフレーズの終止するまでの道のりが長く、加えてシンコペーションが重要であったり、またさりげない転調なども組み込まれていて、構成要素が多く複雑で、咀嚼して自分のものにするのには結構努力もいるのである。なので、それら楽曲をそらんじて歌えるようになった時、なんだか難易度の高いゲームをクリアしたような快感――それは歌の世界に入り込むことの官能的な興奮/陶酔などとは種類の違う、いわゆる達成感的な喜びだ――に襲われた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情の浮き沈みが激しい今日のあなた。大げさに考えすぎかも。...もっと見る >