2017/05/12 06:00

間違いだらけの野菜の食べ方!体の老化を防ぐ超簡単な「究極の食べ方」はこれだ!

 すがすがしい季節になってきました。春から夏にかけてスーパーマーケットや八百屋さんへいくと、初物が所狭しと並ぶ光景を目にするようになります。

「初物七十五日」という諺があるように、初物は縁起がよく寿命が75日延びるといわれています。ご存じのように、初物とは、野菜、フルーツ、魚などの旬のはしり、出始めのものをさします。そして、これから初物は旬を迎えます。旬を迎えた食品は、旬を外れたものと比べて栄養価が高く、栄養成分の量が明らかに異なります。
 
 もちろん、おいしさも比べ物になりません。たとえば、夏の野菜のひとつ、ピーマンやトマト。旬をむかえると、1年のなかでもβカロテンやビタミンC、ファイトケミカルなどが豊富になります。ビタミンEも含まれています。夏にむけて欠けることなくとりたい栄養素です。

 なぜなら、βカロテンやビタミンC、ビタミンE、ファイトケミカルは、抗酸化物質とも呼ばれ、体内に発生する活性酸素を無害にする働きがあるからです。その働きを、抗酸化作用といいます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >