2017/09/18 06:00

私が「とりあえず結婚したほうがいい」「結婚は3回していい」と言い続ける理由

「結婚したいのに相手がいない」

 そんな声を30代以上の男女から聞くことが多くなった。そんなとき私は、「誰と結婚しても、それほど大きく違わないから、とりあえず結婚したほうがいいですよ」と答えるのだが、それにしても未婚率の上昇は止まらない。

 4月に国立社会保障・人口問題研究所が発表した最新データで目を引くのは、「生涯未婚率」の高さだろう。50歳時に一度も結婚したことがない人は生涯ずっと未婚者であるとの前提が置かれ、男性は23.37%、女性は14.06%となっている。これは5年前と比べて3ポイント以上もの増加であり、今後さらに上昇することが予測されている。

 さて、結婚が持つ意味のひとつとして、「子どもを育てる」ことがある。結婚しない自由、子どもを産まない選択を語る女性も増えているが、「それは自由ですね」とばかりはいえない。

 一人の女性の生涯で考えてみましょう。ある家で生まれた女の子は、その家の「娘」として育まれ成長し、結婚することで「妻」となり、子どもを持つことで「母」となり、孫ができると「祖母」となる。もちろんそれをすべて行わなければならないものではないが、今まで4万件近い家族問題の相談を受けてきた私の立場からは、「できれば一度は結婚しておいたほうがいいですよ」と伝える。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

意見を押し通したくなる日。仕事面ではプラスだけど、プライベ...もっと見る >