2017/10/23 05:00

マッシュルーム、驚愕の効能が世界的に注目

「天高く馬肥ゆる秋」(杜 審言)

 誰もが知っているこのフレーズは、7世紀に唐の時代の中国で活躍した詩人・杜審言(と・しんげん)が、友人の詩人である蘇味道(そ・みどう)に送った「蘇味道に贈る」の一節「秋深塞馬肥」を、日本人の感性に合うように翻訳したものです。

 10月は気候が良く収穫の季節であり、夏バテも回復するなど、まさに食の季節です。秋を代表する食材として、昨年のサンマ、先月のナスに続き、今回はマッシュルームを取り上げてみたいと思います。

 マッシュルームの原産地はヨーロッパです。17世紀のフランスで食用として栽培が始まり、その後ヨーロッパ各国やアメリカに広がりました。日本に入ってきたのは明治時代で、もともとキノコ好きな日本人は大正時代には人工栽培に取りかかりました。

 マッシュルームは、サラダにしても、和食にしても、洋食にしても、日本人の大好きなカレーライスに入れても、食感が失われることなく楽しめる優れた食材です。日本は年間を通して温暖湿潤であるため、さまざまなキノコが自然発生します。そのためか、日本人は世界のなかでも多種類のキノコを食べる民族です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >