2017/12/01 19:00

フジテレビ、社内情報ダダ漏れ対策に10億円投入か…容疑者が200人以上浮上

 フジテレビが社内からの情報漏洩をめぐって、本格的に犯人探しを始めるという。

「フジは10億円を投入して、情報漏洩を取り締まる部署を立ち上げるそうです。現在放送中の篠原涼子主演の月9ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』のキャスティング情報が7月時点で漏れていたことに続き、『めちゃ×2イケてるッ!』『とんねるずのみなさんのおかげでした』、さらに『もしかしてズレてる?』の打ち切り話も立て続けに『東スポ』をはじめとしたメディアに抜かれてしまいました。さすがに危機感を覚えたのか、犯人捜しをしたものの、社内で容疑者が200~300人も出てきてしまった。そこで、いよいよ部署を立ち上げて対策に臨むことになったようです」(テレビ局関係者)

 同関係者によれば、あまりに情報漏洩が続くフジの管理体制に、芸能事務所からのクレームが相次いでいるのだという。

「ただでさえ昨今のフジ番組の視聴率低下によって、タレントの“フジ離れ”が加速している。このままでは、タレントからの不信感に加え、スポンサー企業からの信用失墜が止まらず、その損失は100億円規模になるのではないかといわれています」(同)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >