2017/12/05 16:00

『おんな城主 直虎』、終盤に来て神がかり的面白さ…本能寺の変の新説が最高のリアリティ

 柴咲コウが主演するNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』の第48回が3日に放送され、平均視聴率は前回より0.6ポイント増の11.9%だったことがわかった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 駿河を拝領して歓喜に沸く徳川家のもとに、織田信長(市川海老蔵)からの使者が訪れる。甲斐からの戻りがてら、遠江の名所を訪ねたいというのだ。家康(阿部サダヲ)は粗相があってはならないと万全の体制を敷き、信長を丁重にもてなす。信長はたいそう喜び、もてなしの礼がしたいので家臣一同安土城に来るようにと家康に伝える。家康はこれを、誘い出して殺害しようとする罠ではないかと疑う。

 一方、井伊谷では謎の捨て子が見つかり、後に今川氏真(尾上松也)がかかわっていたことが判明する。氏真に仔細を問いただした直虎は、信長が家康を招いたのはやはり罠で、明智光秀(光石研)はそれを逆手にとって信長を討つつもりだと聞かされる。捨て子は光秀の実子で、この計画に氏真の協力を得るために人質として彼が自主的に氏真に差し出していたのだ。直虎は計画の全容を知り、信長に代わって天下取りをめざすようにと家康に迫る――という展開だった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の価値観を通したいあまり、孤立しそうな今日のあなた。ガ...もっと見る >