2017/12/05 19:00

『民衆の敵』、なぜ豪華キャストなのに盛り上がらない?悔やまれる設定&演出のミス

 篠原涼子、高橋一生、石田ゆり子ら豪華キャストをそろえ、テーマは昨年の東京都知事選挙以来、話題を集め続ける政治。前期の『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~』が好結果だったこともあって、『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』(フジテレビ系)への期待値は高かったが、平均視聴率は9.0%、7.1%、7.5%、7.6%、6.9%、6.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と低迷している。

 ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)には「衆院選の影響をモロに受けた」「篠原涼子の演技がいつも同じ」「フジテレビが嫌われているから」などの声が挙がっているが、いずれも最大の理由ではないだろう。視聴者から敬遠されている理由は、もっとほかのところにある。

●フジテレビならではの「極端な主人公」

 不振の理由として真っ先に挙げたいのは、主人公のキャラクター設定。「ごく普通の人が市議会議員になる」でいいところを、わざわざ「ダサくて、品がなくて、貧乏な主婦が市議会議員になる」という極端な設定にしているのだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >