2017/12/13 19:00

『民衆の敵』次週に月9史上最低視聴率か…フジ、真木よう子に続き篠原涼子も公開処刑

 篠原涼子が主演を務める連続テレビドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?』(フジテレビ系)の第8話が12月11日に放送され、平均視聴率5.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことがわかった。これで4話連続視聴率を下げることになり、さらに2話連続して視聴率5%台となってしまったのはフジ月9史上初。同枠の史上最低視聴率は今年1月期の『突然ですが、明日結婚します』がマークした5.0%(第6話)だが、このまま行けば次週にはその記録を更新してしまう勢いをみせており、違った意味で“目が離せない”状況となっている。もはや回復不能に陥ってしまっているといっても過言ではない。

 第8話では、市長に当選した佐藤智子(篠原)と犬崎和久(古田新太)の直接対決が期待されていたが、結局は犬崎の指示により市役所職員はボイコットによる職場放棄を行い、智子は孤立状態に。そして、智子の夫である佐藤公平(田中圭)と平田和美(石田ゆり子)が“不倫”をしているというネットニュースを拡散させ、市長人気を下げようと画策。結果的に、公平がマスコミの前に出て智子への愛を語り、ことなきを得たのだが、ここまでの過程で「なぜ和美がシングルマザーなのか?」ということが明らかになった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ゆったり気分でノンビリ過ごせそう。仕事はさっさと切り上げて...もっと見る >