2018/01/12 19:00

広瀬すず圧巻の『anone』、脚本も演出も最高の出来で『カルテット』現象再来か

 広瀬すず主演の連続テレビドラマ『anone』(日本テレビ系)の第一話が1月10日に放送され、平均視聴率は9.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことがわかった。事前に公表されていたあらすじはさっぱり意味がわからなかったため、幅広い視聴者層に訴えるものではなかったように思う。どちらかというと、2017年放送の『カルテット』(TBS系)など話題作を連発する坂元裕二の脚本と、主演を広瀬が務めるという情報だけで、期待を高めて視聴したドラマファンが多かったのではないだろうか。

 通常ならここで第一話のストーリーを簡単に紹介するところだが、前述の通り文章で書いても大変わかりにくいため、バッサリとカットしたい。代わりに、主な登場人物だけを紹介しよう。

 広瀬演じるハリカは、インターネットカフェに寝泊まりし特殊清掃のアルバイトで生計を立てる少女。幼い頃に森の中の家で祖母と暮らした幸せな日々を心の支えにしている。2話以降でハリカと深く絡んできそうなのは、田中裕子演じる亜乃音。彼女は亡くなった夫が経営していた印刷工場の床下から大量の1万円札を見付けたが、なぜかそれを浜辺の砂の下に隠した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の中の矛盾に葛藤しやすい日。考えすぎて疲れてしまいそう...もっと見る >