2018/01/19 23:00

不倫疑惑の小室哲哉、幼児的ナルシズムの可能性…言い逃れできるとの自信過剰がアダに

 音楽プロデューサーの小室哲哉さんの不倫疑惑が18日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で報じられた。筆者が注目するのは、不倫相手とされる看護師の女性と自分の部屋で“一緒に寝た”ことは認めたものの、“男女の関係”を否定したことである。

 不倫疑惑が報じられた有名人は、小室さんに限らず、たいてい否定する。「一線は超えていない」「“男女の関係”はない」「やましいことはしていない」など言い方はさまざまだが、まず否定して切り抜けようとする。
 
 これは次の3つの理由によると考えられる。

1)自己防衛
2)幻想的願望充足
3)現状認識の甘さ

●自己防衛

 まず、何よりも自己防衛のために否定する。やましいことについて質問されたとき、否定して乗り切ろうとした経験は誰にでも多かれ少なかれあるはずだ。これは、衝撃を和らげるために働く最初の防衛メカニズムが否定だからである。

 否定は他の状況でもしばしば用いられる。たとえば、ガンを告知された際、まず最初に「まさか、そんなはずはない」と自分に言い聞かせ、「誤診ではないか」「他人の検査データと取り違えたのではないか」などと考えて、医師の診断を否定しようとする。もちろん、自分がガンであることを受け入れられないせいだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

しっかりした意見をいうと、周囲から認められるよ。現実的な大...もっと見る >