2018/01/27 16:00

『BG』木村拓哉を無理矢理カッコ良く見せる「引き立て役」にさせられた斎藤工…視聴者は興醒め

 元SMAP・木村拓哉主演の連続テレビドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)第2話が1月25日に放送され、平均視聴率15.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。木村が昨年1月クールに主演した『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)は初回から第2話まで14%台にとどまっていただけに、今作の順調さがうかがえる。

 同ドラマは、かつて優秀なボディーガードとして活躍していた主人公・島崎章(木村)が、過去を隠して民間警備会社勤めの“新人ボディーガード”となって再出発し、さまざまな任務をこなしていく姿を描いた物語。初回15.7%で放送を開始し、そこから今回は0.6ポイント下げたものの15%台をキープした。

 第2話で島崎らが所属する身辺警護課に舞い込んだ依頼は、人権派の裁判官・行永辰夫(田中哲司)の妻・亜佐美(大塚寧々)の警護だった。一審で死刑判決が言い渡されていた「老人ホーム殺人事件」の控訴審判決を控える辰夫の自宅で、外に置いていた自転車が放火される事件が発生。辰夫には警視庁のセキュリティポリス(SP)がつくものの亜佐美にはつかないため、民間警備会社に依頼がきたというわけだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >