2018/02/07 19:00

フジ『海月姫』、突然に視聴率爆増…「面白い」「良作」と話題沸騰で歴史的回復劇?

 芳根京子が主演を務める連続テレビドラマ『海月姫』(フジテレビ系)の第4話が2月5日に放送され平均視聴率が7.5%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)だったことがわかった。ここにきて前回の5.9%から1.6ポイントと大幅アップだ。もともと同作品は、視聴者からの反応は良く、「おもしろい!」「久々の良作!」と評価が高かったのだが、ここにきてようやく視聴率にも反映されてきたことで、なんとか早期打ち切りは免れそうだ。

 第4話では、天水館に住むオタク女子(通称:尼~ず)たちから“おしゃれ女子”と呼ばれ一線を引く鯉淵蔵之介(瀬戸康史)が、三国志オタクのまやや(内田理央)と鉄道オタクのばんばさん(松井玲奈)を冗談でBarに呼んだことで、一時期関係が悪化。再開発地区に指定されている場所に建つ天水館を救うために、蔵之介が「クラゲのドレスをつくろう!」と仕事を持ってくるものの、「刺激よりも平穏に暮らしたい!」という彼女たちの本音を聞いてあきらめることに。しかし、天水館がなくなってしまう危機感から、再びみんなで力を合わせてドレスをつくることになったのだった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >