2018/02/17 19:00

羽生結弦、「ぶっつけ本番」で優勝の裏に知られざる「秘密」…説明不可能な事態

 日本中の人々が言葉を失った――。

 17日に行われた平昌五輪・フィギュアスケート男子フリーで羽生結弦が金メダルを獲得した。羽生は昨年11月のNHK杯の公式練習時に右足関節外側靱帯を損傷して以降、大会を欠場。氷上での練習を再開したのは、今年1月に入ってからで、一時は五輪出場すら危ぶまれていた。しかし、復帰後初となった16日のSPで“完璧な滑走”を見せ、金メダルへの期待が高まっていた。

「実は羽生は氷上での練習を再開してから、右足への負担を考えて極力ジャンプの練習を控え、平昌五輪の現地入り後も最低限の確認レベルしか行っていませんでした。また、普段の羽生は公式練習でもものすごい気合でオーラを発していますが、今回現地入り後は静かに淡々と一つひとつの技のタイミングを確認している様子で、それを見たフィギュア関係者の間では右足の状態が良くないのではないかという見方もありました。そして、ジャンプを含めた技巧面だけではなく、体力面も心配されていました。もちろん、負傷後も筋力トレーニングなどの体づくりは欠かさずやっていたでしょうが、フィギュアで必要な筋力、そして体力は氷上練習でしか身につかないからです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人づきあいがキーとなる日。この人と思ったら、わかりあえるま...もっと見る >