2018/02/22 19:00

『きみが心に棲みついた』ポンコツ脚本&不必要な下着露出で吉岡里帆に恥をかかせるTBS

 吉岡里帆が初の主演を務める連続テレビドラマ『きみが心に棲みついた』(TBS系)の第6話が20日に放送され、平均視聴率は前回より0.1ポイント減の6.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことがわかった。

 バーベキューがきっかけで、吉崎幸次郎(桐谷健太)と付き合うことになった小川今日子(吉岡)。星名漣(向井理)にだけは知られないようにと気を引き締めるが、吉崎の後輩・為末れいか(田中真琴)を通してあっさりと知られてしまう。

 この為末、視聴者の間では非常に評判が悪い。単なる脇役かと思っていたら妙にしゃしゃり出てくる上に声が耳障りで、しかもかなりの棒読み。仕事ができる様子もなく、どこに魅力があるのかさっぱりわからないのに、自信たっぷりで今日子をディスるなど、役柄の感じ悪さと田中本人の技量のつたなさとが相まって、インターネット上で誹謗を集める対象になってしまっている。

 吉崎に片思いする存在として、いるだけならまだ許せるが、とうとう第6話では今日子が隠しておきたかった学生時代の映像を入手してしまった。今後さらにストーリーに絡んでくることは確実で、さらに悪い意味で注目されそうだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >