2018/02/28 18:00

もう視聴率はどうでもいい!? 『海月姫』月9ワースト目前でもファン続出!共感の嵐!

 芳根京子が主演を務める連続テレビドラマ『海月姫』(フジテレビ系)の第7話が2月26日に放送され、平均視聴率が4.9%(ビデオリサーチ調べ/関東地区、以下同じ)だったことがわかった。前回の5.0%からわずか0.1ポイント微減と、これといって変化はないが、ここにきて4%台を叩き出してしまい、前クールの『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』が残した“月9”ワーストの4.6%を更新してしまいかねない状況となっている。

 第7話では、ついに倉下月海(芳根)と鯉淵修(工藤阿須加)が付き合うことに。しかも、先走った修はプロポーズばりの告白をして、ディベロッパーの稲荷翔子(泉里香)には、月海のことを“フィアンセ”だと話している。そして、そんな2人を心配して、デートにこっそりついていってしまう修の兄、蔵之介(瀬戸康史)。しかも、そこになぜか鯉淵家の運転手、花森よしお(要潤)もいる。そんなこんなで、つけてきたことがバレ、4人で座ることになったのだが、葉巻を吸う蔵之介の妖艶な姿をみて、月海は新しいワンピースのデザインに“毒クラゲ”を入れることを思いつくのだった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

しっかりした意見をいうと、周囲から認められるよ。現実的な大...もっと見る >