2018/04/07 19:00

朝ドラ『半分、青い。』、胎児シーン&時代設定にツッコミ続出…ドラマは好評の声多数

 4月2日からスタートしたNHK連続テレビ小説『半分、青い。』。岐阜と東京を舞台に、迂闊だが失敗を恐れないヒロインが高度成長期の終わりから現代までを駆け抜け、やがて一大発明を成し遂げる……という物語だ。すでに、さまざまな感想が噴出している。

 第1話の冒頭で、永野芽郁演じる学生服姿のヒロイン・楡野鈴愛や、佐藤健演じる学生服姿の萩尾律が登場した。しかし、そこから一気に時代がさかのぼり、なんと鈴愛が母親・晴のお腹の中にいた頃から物語がスタートすることに。

 お腹の中にいる鈴愛の気持ちを永野がアテレコで語っているのだが、この構成にインターネット上では「胎児から始まるのは斬新」「最初は子役から~と思っていたら、まさかの胎児からだった」「主人公のビジュアルがずっと胎児ってどうなのよ」といった声が続出した。

 そして、第3話で晴が出産して無事に鈴愛が誕生。その後は、鈴愛と律の子ども時代を、子役の矢崎由紗と高村佳偉人が演じている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

しっかりした意見をいうと、周囲から認められるよ。現実的な大...もっと見る >