2018/04/13 04:00

『正義のセ』、もはや『HERO』を侮辱レベル…見どころゼロ、今期ワースト連ドラの予感

 今クールの連続テレビドラマ『正義のセ』(日本テレビ系)第1話が11日、放送された。

 主人公の竹村凜々子(吉高由里子)は2年目の新米検事。横浜地方検察庁港南支部に赴任して早々、枝野建設社員の向井(浅利陽介)が上司の恩田(石黒賢)から暴行を受けたという傷害事件を担当する。向井は日常的に恩田からパワハラを受けており、ある夜、居酒屋でガラスのコップを頭部に投げつけられた後、屋外の階段で恩田から暴行を受けて重症を負ったとして、被害届を出していたのだ。一方の恩田は容疑をすべて否認し、凜々子は両者に聞き取りをしたが、証拠不十分であったため、先輩検事の大塚(三浦翔平)と徳永(塚地武雅)から不起訴が妥当だと説得される。

 しかし納得できない凜々子は、すべてを一から調べ直すために、「もう1日だけ時間がほしい」と訴え、その日の凜々子が担当分の処理案件をすべて大塚と徳永に代わりに引き受けてもらい、担当事務官の相原(安田顕)と事件現場を回り聞き取り調査を行う。そして向井が恩田に殴られたと主張する居酒屋近くにタクシー乗り場があることに気が付き、事件発生日時に客待ちをしていたタクシーのドライブレコーダーが手掛かりとなる映像を録画していたのではないかと考え、横浜のタクシー会社をしらみ潰しに回る。ついに恩田の証言の嘘を証明する映像を入手し、無事、起訴にこぎ着けるというところまでが放送された。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

友達とのオシャベリが楽しい。お勧めのショップや面白いTVな...もっと見る >