2018/04/13 19:00

『正義のセ』第1話直後に「離脱宣言」する視聴者続出…視聴率急落が必至か

 吉高由里子が主演を務める連続テレビドラマ『正義のセ』(日本テレビ系)が4月11日に第1話を迎え、平均視聴率11.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録した。

 同ドラマの原作は、阿川佐和子の同名小説シリーズ。主人公の新米検事・竹村凜々子(吉高)は正義感が強く、思い込んだらまっしぐらなタイプで、しかも喜怒哀楽の激しい人情派。まっすぐすぎる性格ゆえ、壁にぶつかることも多いが、検察事務官・相原勉(安田顕)や先輩検事・大塚仁志(三浦翔平)から、あきれ半分ながらも支えられ、一生懸命“正義”をまっとうするといったストーリー。凜々子の上司で、横浜地方検察庁港南支部の支部長・梅宮譲役は、当初キャスティングされていた大杉漣が2月21日に急逝したため、寺脇康文が代役を務める。

 第1話で大阪から港南支部に異動してきた凜々子は、さっそく建設会社社員・向井俊哉(浅利陽介)が上司・恩田徹(石黒賢)から暴行を受けたとして被害届を提出した傷害事件を担当。ところが、日常的なパワーハラスメントがあったと話す向井に対し、恩田はパワハラや暴行の事実を否定。両者の主張が食い違うなか、凜々子は感情的に「恩田は嘘をついている」と決めつけるが、相原や大塚など港南支部の面々から「証拠がないこと」を指摘されてしまう……という展開だった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かと目立つ今日のあなた。カリスマ的に見られがち。思いっき...もっと見る >