2018/04/17 19:00

DAZN、いきなり契約100万件突破 地上波やCSの脅威になり得るか?

 最近、テレビCMやネット広告で「DAZN(ダゾーン)」という言葉を目にすることが多い。DAZNとは、イギリスのPerform Groupが運営するスポーツ中継に特化したインターネット動画配信サービス。スポーツ中継といえば、これまでも地上波のほかに「スカパー!」や「J:COM」「ニコニコ動画」「AbemaTV」などで放送・配信されていたが、それらを差し置いて、現在このDAZNが大きく注目されている。果たして今後のスポーツ中継はどうなっていくのだろうか。立教大学経営学部でマーケティングを教える有馬賢治氏に話を聞いた。

●スポーツ中継シーンでもネット放送局が競合に

 まず、国内でDAZNが飛躍した背景をみてみよう。主要因には、Jリーグの放映権獲得があげられる。2016年末、これまで10年もの間スカパー!が保有していたJリーグ放映権がDAZNへと移行した。すると、これを機に国内でもDAZNの認知度が上昇し、同年8月の参入からわずか1年でDAZNの契約件数が100万件を突破した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人づきあいがキーとなる日。この人と思ったら、わかりあえるま...もっと見る >