2018/04/18 19:00

『コンフィデンスマン』面白いのに視聴率急落!バカバカしすぎて視聴者が拒否反応?

 長澤まさみ主演の連続テレビドラマ『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)の第2話が16日に放送され、平均視聴率は前回から1.7ポイント減らした7.7%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だったことがわかった。初回で見せた、あり得ないバカバカしさに拒否反応を示した人が多かった模様だ。

 本作は、長澤演じるダー子、東出昌大演じるボクちゃん、小日向文世演じるリチャードの3人が信用詐欺師(コンフィデンスマン)となり、欲望にまみれた人間たちから大金をだましとるドラマ。毎回、豪華俳優がだまされる役としてゲスト出演することになっている。

 第2話のゲストは、ナチュラルにセレブ感があふれている吉瀬美智子。ホテルの跡取りと結婚して若女将になったのを契機に、全国にホテルをチェーン展開する一方、経営難に陥った旅館やリゾート施設を次々と買収して再生させ、「リゾート王」「業界の救世主」と呼ばれるようになった人物だ。だが、その裏では裏社会の人間をも利用してあくどい手を使い、日本の観光を牛耳ろうとしていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >