2018/04/24 21:00

『ブラックペアン』、視聴率期待外れ…「あり得ない」シーン続出、二宮和也もキャラ微妙

 嵐の二宮和也が主演を務める連続テレビドラマ『ブラックペアン』(TBS系)の第1話が4月22日に放送され、平均視聴率は13.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 ここ数年、フジテレビの「月9」に代わる新たなブランド枠として定着している「日曜劇場」という点に加え、安定した視聴率が期待できる“テッパン”の医療ドラマの初回ということで、「もう少し高視聴率が取れるのでは」と予想していたが、期待しすぎたようだ。とはいえ、近年の同枠の数字からすると、まずまずの好スタートといえるだろう。

 原作は『チーム・バチスタの栄光』(宝島社)などで知られる、医師で作家の海堂尊氏の『ブラックペアン1988』(講談社)。

 主人公の渡海征司郎(二宮和也)は東城大学医学部付属病院に勤める天才外科医だが、キャリアに必要な論文をまったく書かないため、医師の間では完全なる厄介者扱い。しかし、抜群の腕前でほかの医師を寄せつけないばかりか、同僚医師の弱みにつけ込んで高額な見返りを要求し、研修医たちを次々と辞めさせていくことから“オペ室の悪魔”と呼ばれていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の中の矛盾に葛藤しやすい日。考えすぎて疲れてしまいそう...もっと見る >