2018/05/19 19:00

『モンテ・クリスト伯』視聴率4%台目前…好評価続出なのに大コケ招いたフジテレビの失敗

 ディーン・フジオカ主演の連続ドラマ『モンテ・クリスト伯』(フジテレビ系)の第5話が17日に放送され、視聴率が前回より1.2ポイントダウンの5.3%(関東地区平均、ビデオリサーチ調べ)だったことがわかった。本作は、『巌窟王』の名で知られる有名小説を下敷きにしており、平穏に暮らしていた日々を突然奪われた主人公・柴門暖(ディーン)がモンテ・クリスト・真海と名を改め、自分を陥れた者たちに復讐を果たす――というストーリーになると予告されている。

 第5話で真海は、自分に罪をかぶせた張本人である入間公平(高橋克典)の家族に手を伸ばし始めた。入間が娘の未蘭(岸井ゆきの)に婚約者として選んだ外務省職員・出口文矢(尾上寛之)をマレーシアから呼び戻し、入間の父・貞吉(伊武雅刀)を殺して欲しいと持ち掛けたのだ。貞吉は殺人の過去がある悪人で、もし殺せば莫大な遺産が転がり込むとけしかけられ、出口はすっかりその気になってしまう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >