2018/05/29 19:00

『西郷どん』好評の「島編」終了に不安満載…「薩摩編」の脚本が雑すぎ

 鈴木亮平が主演を務めるNHK大河ドラマ『西郷どん』の第20回が27日に放送され、平均視聴率は前回より1.5ポイント減の12.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことがわかった。

 今回は、とぅま改め愛加那(二階堂ふみ)と島で穏やかに暮らす西郷吉之助(鈴木)からいったん離れ、吉之助のいない薩摩の様子が描かれた。権力を振るっていた島津斉興(鹿賀丈史)が死に、代わって藩主の父である久光(青木崇高)が実権を握ることになった。大久保正助(瑛太)は久光に取り入って信頼を得ていくが、昔からの仲間たちは正助のやり方が気に入らず、脱藩して事を起こそうと画策していた。

 そんな折、大老の井伊直弼(佐野史郎)が桜田門外で浪人たちに襲撃され命を落とす事件が発生する。襲った浪人のなかには、薩摩を脱藩した者も含まれていた。吉之助は正助から届いた手紙でそれらの出来事を知り、遠く海の向こうを見つめた――という展開だった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >