2018/05/31 19:00

『花のち晴れ』、『花男』続編なのに視聴率6%台目前…メグリン登場以降、耐えがたく退屈だ

 杉咲花が主演を務める連続テレビドラマ『花のち晴れ~花男Next Season~』(TBS系)の第7話が29日に放送され、平均視聴率は前回から0.8ポイント減の7.5%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)だったことがわかった。第3話で9.6%を記録して以降、これで4話連続の下落となっている。

『花より男子』(花男)シリーズの続編という位置付けの同ドラマは、セレブの子女が通う英徳学園を舞台に、主人公の江戸川音(杉咲)や財閥の御曹司・神楽木晴(King&Prince/平野紫耀)、ライバル高校のホープ・馳天馬(中川大志)らが繰り広げる「痛快青春ラブコメディー」を描く作品だ。

 あらためて天馬(中川)と交際することになった音は、天馬から桃乃園学院への転校を勧められる。一方、人気モデルのメグリンこと西留めぐみ(飯豊まりえ)が転校してきたことで、英徳学園は急激に人気を取り戻す。

 同じ頃、晴とメグリンの父親同士の間で、2人を婚約関係にしようという話が進んでいた。だが、晴は自分を半人前扱いする父の言動に深く傷つき、家を飛び出してしまう。晴が行方不明になったとメグリンから聞いた音が道明寺の家に向かうと、やはり晴はそこにいた。邸内に招かれた2人は、晴が深く尊敬する道明寺司(松本潤)も最初から完璧だったわけではなく、1人の女性との出会いで過ちに気付き、立派な人間になったとの昔話を使用人たちから聞かされる――という展開だった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >