2018/05/31 19:00

『花のち晴れ』、『花男』続編なのに視聴率6%台目前…メグリン登場以降、耐えがたく退屈だ

 結論から言うと、第7話はかなり退屈で、ほとんど見るべき点がなかった。完全に中だるみしている。いや、むしろ終わった話をだらだら続けているような蛇足感が漂っている。良い意味で空気を読まずひたすら晴を応援しようとするメグリンは、悪くないキャラクターだと思うのだが、彼女が登場してからどんどんつまらなくなっているのも事実だ。脚本が新キャラをうまく扱うことができず、話が散漫になっているからだといえる。

 脚本がメグリンをうまく扱えていない証拠として、具体例をひとつ挙げたい。

 メグリンは、晴を「10点中5点だ」と蔑む晴の父親に我慢ならず、「晴くんの素晴らしさは数字なんかじゃ表せないのに!」と怒りをあらわにした。これ自体は全然悪くないのだが、問題はその後に流れた、道明寺邸をあとにした晴と音が別れ際に言葉を交わすシーンだ。自分が完璧でないことに苦悩する晴に、音は「その姿が神楽木の良さだと思うから、神楽木らしくいてね」と励ましの言葉を掛けた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

テンション高く過ごせる日。遊びに仕事に全力投球。未体験の出...もっと見る >